2019年07月17日

皮膚科でシミ消し

おつでした。



ですから、非常に効果も高い代わり、非常に高価なシミ消し手段とも言えるのです。
ただ、紫外線の刺激や加齢による顔のシミ消しというのは、当然ですが美容的観点から必要とされるものです。
ただ、治療直後は色素沈着を起こす可能性があるとの事ですが、そこは皮膚科。
とは言え、やっぱりクリームによるシミ消しは非常に根気がいる改善法です。

シミ消しクリームの大半は、色素沈着を抑える効果効能を持つビタミンCやビタミンEを主成分としています。
という事で、これからは皮膚科でシミ消しというのが定番になるかも知れませんよ。
従って、怪我や病気治療を主とする皮膚科で専門的に扱われる事は少なかったんです。
所謂メスを使わない美容整形、プチ整形の一種になってしまうんですね。
実際問題、余り知られておらず、余り勧められない方法なんですけどね、ほら、皮膚科には液体窒素による治療っていうのがあるじゃないですか。

浄化と安心はセットということで。
posted by 新製品 at 11:03| 日記