2018年02月22日

乾燥肌クレンジングの種類

おつでした。



となると、当然、水分を吸収してしまう海綿活性剤は大敵という事になります。
そういう意味ではこれもまた、乾燥肌クレンジングにピッタリフィットするクレンジング剤とまでは言い難いかも知れませんね。
しかし問題は、オイルタイプにはじまり、ミルクタイプにジェルタイプ、リキッドタイプにクリームタイプ、果ては泡タイプのものや拭き取るだけのタイプのものなどなど。
しかし、最も乾燥肌クレンジングには適さないと言われるオイルクレンジングには、メイクを早く綺麗に落とせるというメリットがあります。
確かに、クリームタイプやジェルタイプのクレンジング剤は、ミルクタイプや泡タイプに比べて水分が少ないので、メイクがなじみやすいと考えられます。
恐らく、オイルクレンジングが乾燥肌クレンジングには適さないと言われる一番の理由は、この海綿活性剤を多く含んでいるところにあるのでしょう。
まあ少なくとも、拭くだけでメイクが落とせるというタイプのものは、必要以上に肌を摩擦しますから、取り敢えず除外していいでしょう。
また、肌の保湿維持と同じ位、完全にメイクを落としきる事も、大事な乾燥肌クレンジング対策の一つです。

浄化と安心はセットということで。
posted by 新製品 at 11:55| 日記