2020年05月24日

クラランスのボディケアライン

おつでした。




クラランスのボディーオイルへの拘り、それは創設者が理学療法士だったからに他なりません。
まあもっとも、クラランスは日本のスキンケアブランドではなく、フランスのスキンケアブランドですが・・・。
特にアン・ティオーの方は、クラランス人気ナンバーワンのアイテムとなっているショップも多い洋です。
こちらもお値段は7,350円と、バスト用乳液と同じなんだけど、内容量が195グラムなので、クラランスのボディケア商品としてはお得な方です。
そう思ってね、清水の舞台から飛び降りるような気分でクレーム・マスヴェルトを購入しました。
ただ、本当に効果のありそうなオーガニックコスメだけに高価で、中々手を出す勇気が出ませんでした。
だって、クラランスの隠れ人気アイテムと言われているバスト専用乳液「レ・ビュスト・フェルムテ」なんて、50グラムで7,000円位するんですよ。
中でも、アン・ティオーというボディオイルと、クレーム・マスヴェルトというボディオイルは日本でもかなりの支持を集めているみたいなんですよね。
だけど、次からはもう少し利口にクラランスがゲット出来ると嬉しいと思い、まだ商品も届いて居ないのに、ブログやサイトを見始めている私、相変わらずちょっと変かな。

浄化と安心はセットということで。
posted by 新製品 at 11:03| 日記