2018年12月18日

目元のくまは病気のサイン

おつでした。



目元のくまがサインになる病気としては、甲状腺機能亢進症や腎臓病、糖尿病の疑いがあることが多いのです。
目元のくま自体は目元の血流が悪くなったり、血栓ができたりしているのが皮膚を通して見える状態なのですが、病気による目くまは病気が引き起こしているのです。
病気のサインであるかもしれない目元のくまを単に不快なものと考えずに、健康診断を受けてみるチャンスと考えてもいいでしょう。
そのためには、すみやかに病院に行き、いつ頃から目元のくまができたのかなどを話す必要があります。
目元のくまがひどい場合、単なる疲労で疲れやすくなっているのではなく、病気で体が消耗している場合があるのです。
目元のくまだけの治療をしていても、いっこうに改善されない場合は、内科の病気を疑ったほうがいいでしょう。

浄化と安心はセットということで。
posted by 新製品 at 11:03| 日記