2017年11月14日

セラミドの食品

おつでした。



以前、セラミドを豊富に含んでいるこんにゃくを食べる地域の人の肌には、保湿力があると、テレビ番組で取り上げていました。
狂牛病問題があったので動物性のセラミドは敬遠されるようになったのだとか。
そして、セラミドを豊富に含んでいるこんにゃくをたくさん食べる地域の人の肌の水分量を測ったら、お年を召した方でもプルプルの肌だと結果が出たように覚えています。

セラミドを含んでいる食品の情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。
しかし、現在では小麦や米といった食品から抽出されるセラミドが使われているようです。
その食品の中でも、こんにゃく芋のセラミド含有率が群を抜いているのだとか。
ですから、毎日ヨーグルトといった食品を食べれば、セラミドを補いながら、便秘も解消することができるでしょう。

浄化と安心はセットということで。
posted by 新製品 at 11:03| 日記